2017年5月20日 (土)

日田市釈迦岳・御前岳

20170520_377 2017年05月20日(土):福岡と大分の県境に位置する福岡県の最高峰釈迦岳と次鋒御前岳に登った。今回は、その軌跡を全て日田市に置いたためタイトルは日田市釈迦岳・御前岳とした。

20170520_2先月、山友の海彦山彦さんが20数年ぶりに歩かれたという記事に触発され、なるべく早い時期にと思い天候の良い週末、奥日田は椿ヶ鼻ハイランドパークまで早朝車を走らせた。

07:30 椿ヶ鼻ハイランドパークに到着。風力発電2号機「風太郎」前に駐車。

20170520_002 登山道口は、目の前にある。

登山準備をして、

07:50 釈迦岳・御前岳登山道に入る。

20170520_005

20170520_007 釈迦岳遊歩道という案内標識もあったので楽に歩ける道だろうと思って入山すると、一気に150mを登り上げるハードな遊歩道であった。

まずは、植林帯の急登。

20170520_011 岩場に到達すると、右へ回り込む。

20170520_014 安全柵は万全。

20170520_017

20170520_019 鎖場もある。

20170520_021 08:20 展望場

20170520_022 津江三山のひとつ。渡神岳を望む。

20170520_024 ここからは緩やかな気持ちの良い尾根道が続く。

20170520_027 08:28 雪ヶ岳城址に到着。

20170520_032

20170520_033 GPS値:N33°11'22.5" E130°54'06.2"

20170520_035 08:32 浅次郎湧水分岐。

20170520_039 簡単には行けそうにないので通過。 

20170520_040 08:39 旧作業道に出合い。案内表示に従い下る。

20170520_043 08:43 旧作業道と離別。

20170520_047 この辺りから、笹道になる。時季的なものか笹は沢山の花を咲かせ、触れるたびに黄色の花粉が舞い上がる。帰宅後に判った事だが、笹は竹同様に数十年周期で花を咲かせるらしい。運が良いのか悪いのか、私的にはかなり不快であった。

08:50 電波塔横を通過。

20170520_054 09:06 電波塔横を通過。

20170520_061 09:15 車道に出合い。

20170520_065 車道を上る。

09:16 釈迦岳登山道分岐を通過。

20170520_067 先に、レーダ雨量観測局が立つ普賢岳山頂へ向かう。

20170520_068

20170520_069 普賢岳山頂に到着。展望広場となっている。

20170520_074

GPS値:N33°11'15.0" E130°53'20.3"

標高1231m。

釈迦岳より1m高い。

20170520_088s

20170520_075 歩いて来た尾根を振り返る。

20170520_076

目前の釈迦岳山頂。

20170520_092 奥には御前岳。

20170520_095 09:48 普賢岳を出発。

09:52 矢部越登山口からのルートに合流

20170520_098 09:52 ちょっとした岩場の鎖場

20170520_100 09:55 狭い釈迦岳山頂に到着。

20170520_102

20170520_103 八女八名山に設置されているらしい釈迦岳記念スタンプが入った山頂表示。

20170520_104 がっちりガードされた一等三角点。

20170520_107

GPS値:N33°11'12.6" E130°53'13.0"

基準点コード: TR14930672001

等級種別:一等三角点

基準点名:釈迦ケ岳

北緯:33°11′12″.7212

東経:130°53′13″.1082

標高:1229.53m

気温は12℃。

20170520_115 飯塚からの単独者が登頂。

10:05 御前岳へ向け下山。

連続する鎖場。

20170520_130

20170520_131 鎖場を終え木段を下り鞍部に来ると、未知ルートを発見。

20170520_136

20170520_137案内表示の行き先は田代。地図を確認すると尾根ルートのようなので、御前岳は後回しにして寄り道することにした。笹を抜けると、枯れ沢が現れ予想に反して谷を下る。

20170520_142 しかし、自然豊かな気持ちの良いルートに褒美をもらったようだ。

20170520_149 このルートは以前からあるようで、巻テープはどれも古いが随所にあり、ほとんど消えてはいるが所々で案内表示もあるので迷うことはない。

20170520_159 10:35 こんな山中に?と思えるが、かなり太めのワイヤーロープが放置された場所に着く。

20170520_162 この場所から、登山道は谷を終え尾根に変わる。

古いロープが設置されているが、木々が生い茂り登りにくい。

20170520_164 尾根に上がると、案内表示があった。

20170520_171

20170520_168 谷ルートも素晴らしかったが、尾根ルートも負けてはいない。

20170520_174 今年は石楠花鑑賞に行けなかったが、ここで遅咲きの石楠花を観ることが出来た。

20170520_180

20170520_181

尾根道沿いに無数に自生した石楠花であるが、犬ヶ岳山系のように歩きを妨げられるようなものではなく、ちょうどいい自生の仕方である。満開の時季に再訪してみたい。

尾根道を挟んで石楠花の群生が続く。

20170520_182 馬の背のような尾根もある。

20170520_195 11:21 902mピーク手前。

20170520_202 この場所から、ルートは尾根を外れ植林帯の中を下る。

20170520_202_2 ちなみに902ピーク。

20170520_203 11:27 植林帯の作業道に出合い。

20170520_209 ここからは、草木に覆われて歩きにくい作業道。

20170520_211 11:33 枯れ沢?に出合い。

20170520_212 ここまで下ると、車道は近い。

11:36 車道に出合い。

20170520_216 入口には草に覆われた、釈迦岳登山口の標識がある。

20170520_218

20170520_225 ここからシオジ原生林御前岳登山口まではすぐだ。

11:45 御前岳登山口に到着。休憩小屋で暫くゆっくりする。

20170520_228 登山口に設置された御前岳湧水の説明書。

20170520_234 シオジの説明看板。

20170520_235 12:25 登山口。

20170520_238

暫くは急斜の林道。黙々と上る。

20170520_24212:35 砂防堰堤横を通過。

20170520_244 12:45 山道開始。

20170520_261北部九州有数の原生林へといざなわれる。

20170520_263

20170520_274 シオジ・ケヤキ・ブナなど一枚の写真に入りきらない巨木が点々と自生している。初めて見る光景に時間を忘れ見入ってしまう。

20170520_302

20170520_269

20170520_266s 自然研究路は廃道に近い状態。

20170520_292 たまに目にする間違いやすい標識。登山道に有りながら、矢印の先は「登山道に至る」と書かれている。登山道から外れたのかと不安になる人もいるかもしれない。

20170520_295 14:08 地理院地図に記載の山道と合流。

20170520_308 しかし、笹に支配されて廃道状態。

20170520_309 そして、この先から試練の階段が山頂直下まで延々と続く。

20170520_324 14:34 釈迦岳からの縦走路に出合い。

20170520_326 14:38 御前岳山頂に到着。

現在の温度は30℃。とにかく暑い。

ふらふらである。

20170520_347

20170520_334

20170520_344 釈迦岳同様、御前岳の記念スタンプが入った山頂表示が設置されている。

GPS値:N33°11'30.3" E130°52'16.5"

標高:1209m。

「御前山」「前山」「田代山」「田代権現」「田代獄」「御前獄」「権現嶽」「御前岳」と、八つの呼び名を持つ。

展望は良い。

20170520_338 下山口は三ヶ所。

20170520_352釈迦岳縦走路,杣の里,源流の森

30分ほど休憩して、ちょっと回復。

20170520_348 15:10 下山。2度目の釈迦岳へ向かう。ここでまた笹の花粉攻撃に合う。

20170520_361 予想以上のアップダウンに、またもや体力を消耗。

20170520_376 釈迦岳の勇姿を目前に度々立ち止まる。

20170520_377_2 唯一の石楠花。

20170520_379 16:15 登山道分岐点。

20170520_383 ここで、周回。

釈迦岳山頂への鎖場。

20170520_386

20170520_388 16:25 本日2度目の釈迦岳山頂。

20170520_391 16:40 本日2度目の普賢岳山頂。

20170520_398 30分近く休憩後、復路は駐車地まで車道を歩く。一本道である。

20170520_404 17:55 風太郎が見えた。

20170520_407 17:58 駐車地に到着。

20170520_409 当初は、釈迦岳・御前岳を往復縦走後、渡神岳に登って津江三山を完歩する予定であったが、寄り道したために渡神岳は宿題となった。しかし、御前岳北山麓の大自然に足を踏み入れることが出来、大変満足な山旅となった。

帰路、渡神岳の登山口を確認して帰路についた。

20170520_410

2017年5月14日 (日)

長門市天井ヶ岳~豊北町白滝山

20170514_208 2017年05月14日(日):ここ数年、GW明けの週末は山口県の山に足を運んでいる。今年は長門と豊北町の市境に位置し、長門市の最高峰天井ヶ岳から白滝山を縦走した。

現地へ向かう途中、関門橋を越えると山々は雲に覆われていた。晴天予報が急変したのかと思いながら車を走らせたが徐々に雲は無くなり、登山口に到着した時は素晴らしい天候となった。

2017051409:25 登山準備を済ませ、国道491号に面した天井ヶ岳登山口入口を出発。数台分の駐車スペースがある。

20170514_002 登山口まで数百m林道を歩く。

20170514_004 09:30 天井ヶ岳登山口に到着。ここから登山道に取付く。

20170514_008 登山口から561mピークまでは植林帯と自然林の境の急登を一気に登り上げる。

20170514_009 すぐにロープ場。

20170514_011

続く急登。

20170514_014 09:50 急登を登り上げ561mピーク。

20170514_017 ここから山頂までは自然林の尾根道が続く。

20170514_019 10:07 山頂まで10分表示を通過。

20170514_023 山頂直下の登りは、堆積した落ち葉でとにかく滑る。

20170514_028 10:16 天井ヶ岳山頂に到着。

20170514_030 期待していた山頂は360度木々に覆われ全く眺望はない。以前は360度の眺望があったのではないだろうか。非常に残念である。

20170514_033 眺望は残念であったが、長門市最高峰の山頂は一等三角点の設置場所であった。三角点は比較的新しい。

20170514_036

GPS値:N34°18'39.6" E131°02'34.6"

基準点コード: TR15131307301

等級種別:一等三角点

基準点名:天上ケ岳

北緯:34°18′39″.6134

東経:131°02′34″.3912

標高:691.27m

10:35 山頂を後に白滝山へ向かう。

20170514_050 暫くは緩やかな道が続く。

20170514_053 途中、鞍部から見えた展望。

20170514_055 ここからの登りは堆積した落ち葉で滑り、思うように足が運べない。

20170514_057 10:48 市境尾根を外れ白滝山へ向かう。

20170514_061 10:54 旧峠越えの旧道?を交差。

20170514_065 堀切かと思ったが、違うようだ。

20170514_066 続く山道。豊北峡へ続くのであれば、面白い道である。反対側は開作か。だとすれば、非常に長い道である。

20170514_070 11:12 北側が開けてきた。鈍音が聞こえる。

20170514_078 風力発電の風車であった。

20170514_079やっと、展望場。しかし、落ちると大変である。

20170514_080 長門の自然豊かな山々が続く。

20170514_090 なんとか天井ヶ岳を振り返ることが出来た。

20170514_083 白滝山の風車が一望できる。通称白滝山ウィンドファーム:全20基。

20170514_088 切り開かれた道路を下に見ての、登山道が続く。

20170514_094 この辺りから白滝山頂までトラロープが張られている。これに従えばルートを外れることはないが、その内廃道にもなりかねない。

20170514_095

20170514_096 11:25 私道に隣接するがそのまま、トラロープに従い歩く。

20170514_098 11:35 私道を横断。

20170514_102 11:38 白滝山頂に到着。

20170514_105

20170514_109 ・

20170514_107 三角点が設置されている。

GPS値:N34°18'11.4" E131°01'23.1"

基準点コード: TR35131306101

等級種別:三等三角点

基準点名:四瀬

北緯:34°18′11″.1422

東経:131°01′23″.2439

標高:667.83m

天井ヶ岳同様、展望のない山頂である。

11:55 山頂を後にする。

11:57 私道に出合い。

20170514_127

私道を横切って、旧登山道に取り次ぎ。

20170514_131 しかし、トラロープの先はほとんど廃道に見える。

20170514_132白滝山といえばゴルジュなので立ち寄る予定にしていたが、往復2時間を越えそうなのでここで引き返すことにした。

途中まで私道を歩くと、3頭の鹿が飛び出してきた。

20170514_135

20170514_136

暫し、風車見物。

タワー高:85m

ローター系:88m

最大地上高:129m

ウィンドファーム全基で、

2500kW/1基×20基=50000kW

を発電している。

火力発電所で約50000tのCO2を排出しないと発電できない電力(施行当時の効率)。

このCO2を杉の吸収量に換算すると、50年杉で14kg/1本/1年なので、3,600,000本の森が必要となる。

電力曰く、ウィンドファームはこの森に相当すると言うが、それは如何に.....

今後、風車のメンテナンスなど、定期的に行っていくのだろうか。

すでに、1.5基は無発電に見えた。

20170514_138

20170514_139

20170514_146 12:30 登山道の並走場所。ここから登山道に入る。

20170514_147_2 このルート唯一の白滝山への案内表示。

20170514_149 往路では気付かなかったギンリョウソウ。

20170514_171 13:25 再び天井ヶ岳山頂。

20170514_185 急登を慎重に下る。

20170514_193 14:08 登山口手前で、林道に取付く。

20170514_195 14:10 登山口を通過。

20170514_198 14:12 駐車地に到着。

20170514_199 ここから50m進むと、一位ヶ岳への入口。

20170514_202

天井ヶ岳から白滝山への縦走路は、道はしっかりしているので迷うことは無いと思う。しかし、本当によく滑った。白滝山へ入ってからは、風車の設置で山道がほとんど無くなりかけていた。長門市最高峰かつ一等三角点。再び天井ヶ岳山頂からの展望を願いたい。

また、いつも下から眺めるだけのウィンドファームで今回やっと見物することが出来たが、やはり落胆の一途であった。人と自然と如何に共存した設備だろうかとちょっと期待していたのだが、相変わらずだ。登山者はわざわざ張ったトラロープの登山道だけを歩け。私道は歩くな。

20170514_129結果、登山道はさらに廃道化が進む。地元も徐々に山に無関心になってくる。負の連鎖だ。

これでは、クリーンエネルギーとは言えない。

2017年5月 7日 (日)

福智山:723ルート

20170507_059 2017年05月07日(日):GW最終日、福智山に登った。

20170507723 数年振りに723ルート(通称ナツミルート)で登ったが、いつの間にか飯塚六四会の道標が設置されていた。

また植林帯は間伐材が散乱し、途中で作業道に寸断されたりと以前のような隠れルート的な存在では無くなっていたので、紹介することにした。

11:30 GW最終日とあってか、この時間帯にもかかわらず駐車スペースがあった。

20170507_001 11:47 登山口を通過

20170507_003 植林帯に入ってすぐ、夢中で餌を探すアナグマに出合った。

20170507_004s 私に気付いても急いで逃げることはせず、餌探しが忙しそうであった。

【アナグマ】.mp4

(歩きながらの撮影なので、ぶれてます)

12:23 強羅橋手前から723ルートに入る。

20170507_012 自然歩道からは見えないが、少し入ったところに飯塚六四会の道標が設置されていた。

20170507_013 ここから473ピークまでは植林帯を登り上げる。間伐材が散乱してルート確保にかなりの時間を割いた。

20170507_014 途中、作業道を横断する。

20170507_016 13:10 473ピークに到着。

20170507_019

20170507_021 飯塚六四会設置の道標がほとんど消えていたので、標高だけ書き添えた。

20170507_025 ここは、猪の寝床になっているようだ。

20170507_026 473ピークから723ピークまでは自然林の尾根を一気に登り上げる。

20170507_029 途中、休憩するのにちょうどよい平坦部が一カ所ある。

20170507_032

20170507_033 ここからは、低木が増え、ちょっと歩きを妨げられる。

20170507_039

以前は無かった赤テープに従って歩いていると、

723ピークに近くなったところで、飯塚六四会の道標が現れた。

ホッテ尾根コースと名付けていた。

20170507_044 14:14 723ピークから外れた場所で、九州自然歩道に出合い。

20170507_045

20170507_046 14:21 からす落ちに到着。

20170507_051 ここで、休憩を摂る。

14:47 荒宿荘を通過。

20170507_058 15:02 福智山山頂に到着。

20170507_063 黄砂到来で遠望は効かない。

皿倉山方面。

20170507_061 鱒渕ダム方面。

20170507_065 北九州市街地。

20170507_073 15:15 鈴ヶ岩屋休憩所から山頂を振り返る。

20170507_081 16:06 強羅橋。

20170507_085

20170507_088 ここで周回。

16:21 登山口を通過。

20170507_089 16:40 駐車地に到着。

20170507_092

ホッテ谷新道とほぼ並走して、強羅橋から473ピークを経て723ピークまで一気に尾根を登り上げるハードなルートではあるが、下りに使うとかなり時間短縮のできるルートである。

山慣れした人には歩き易いルートだと思う。

2017年5月 4日 (木)

延岡市行縢山雌岳

20170504198

2017年05月04日(木):延岡市行縢山を歩いた。

20170504

この山は、25年ほど前に一度登ったことはあるが、その時、雌岳へは登らなかったので宿題の山であった。

10:00 行縢神社に到着。この日は少年自然の家のオープンデーで、駐車場は満車状態。

取り合えず駐車可能な路肩を見つけて、登山準備。時折、雨がちらつくあいにくの天気なので、レインウェアを着込んだ。

20170504001

10:35 スタート。

九州自然歩道に合流。行縢山登山道は九州自然歩道であった。

20170504006

10:45 行縢の滝駐車場に到着。ここに駐車すればよかった。

20170504009

地図が設置されているが、よく判らない地図であった。

20170504010

ここで、行縢神社からの登山道が合流。

2017050401210:53 行縢川に架かる最初の橋を渡る。

20170504014

10:57 渡渉場は2連の橋を渡る。

20170504018

11:00 3合目を通過。山頂まで2750m地点。

20170504022 この登山道も、古い石段が続く歴史ある道だ。

20170504023

足が重い。先日の開聞岳の疲労が抜けていない。ここで、先週行った山トレが生きてくる。

日本百名山などで登場するガイドたちの超スロースピード歩行。これを時間を気にせず実施。足は重いが、着実に登って行く。

十文字岩。

20170504028

11:07 立派な吊り橋が現れた。滝見橋と名付けられた橋からは、行縢の滝が良く見える。

20170504030

20170504039s

くじら岩

20170504044

11:19 4合目を通過。山頂まで2350m地点。

20170504046

11:25 行縢の滝分岐を通過。滝鑑賞は最後のお楽しみとして、先に進む。

20170504048

この時、滝からガイドが連れた6人の登山者を通過待ちする。流暢な日本語を話す外国人のガイドと、登山者も外人であった。ガイドが私に話しかけてきた第一声は、「とても重そうなザックですね。」テン泊一式は車に抜いてきたが、それでも推定20kg。「ザックが大きいだけです」と返した。

一行は、あっという間に見えなくなった。

20170504052

11:32 5合目を通過。山頂まで2100m地点。

11:43 雌岳分岐。ここから、雌岳に向かう。

20170504057

整備されていないこのルートは、汗が滝のように流れ出る。昨晩のアルコールが全て出てしまった。それでも汗が止まらない。

20170504061

脱水症状に備えて、経口補水液も1リットルは持参。(一日に補給できる量は500ml)

少々値は張るが、水やスポーツドリンクとは大違い。症状を感じてから補給しても、まずOK。

(私の場合)

12:20 661mピークに到着。

20170504070 ・

20170504068

北緯32°37'33.9" 東経131°34'51.3"

ここからは、尾根歩きとなる。

20170504072

視界は悪い。だが、ツツジが見れるようになる。

20170504074

20170504083

12:37 このルートで一番危険な岩上。

20170504080

20170504081

20170504082

雨でぬれた岩上を、慎重に抜ける。

12:55 植林に入る。

20170504095

13:00 登山道が合流。

20170504096

13:10 雌岳山頂に到着。

20170504105

20170504108

宿題をクリア。

北緯32°37'46.4" 東経131°35'16.9"

標高809m。

展望のない山頂である。

13:15 下山。手前の登山道合流まで戻る。

行き先は県民の森と書かれている。とりあえず、その方向へ進む。

20170504127

植林帯の中、どんどん高度を下げる。

20170504128

13:43 登山道に合流。

20170504129

北緯32°38'01.0" 東経131°35'02.1"

ここも、県民の森方向へ進む。

13:50 沢が現れ、安らぎの場所である。

20170504140

13:57 突如、九州自然歩道の道標に合流。

20170504147

先程の合流地点を反対方向へ進むと、桑平までの長距離ルートがあるようだ。

またもや、判りにくい地図。

20170504148

この辺りが県民の森のようだ。ここからは、九州自然歩道を川の流れに沿って歩く。この川が行縢の滝の源流だ。

20170504150

20170504151

20170504154

途中、休憩を取り

14:18 登山道分岐。行縢山山頂への分岐である。

20170504159

20170504158

ここで、行縢山には北岳があることや複数のルートがあることを知った。

また、宿題ができた。

20170504157

雨も本降りになってきたので、そのまま山頂へは向かわずに下山。

14:22 峠を通過。

20170504160

20170504163

14:25 6合目を通過。山頂まで1800m地点。

20170504164

14:30 雌岳分岐。ここで周回となる。

20170504166

14:39 滝分岐。滝へ向かう。

20170504169

14:42 行縢の滝に到着。

 ・

20170504174

20170504176

【行縢の滝】.mp4

実に見事な滝で、暫し見入ってしまう。

日本の滝100選だ。

20170504196

15:12 登山口を通過。

15:21 駐車地に到着。

20170504204 前回は行縢山岩壁を直登するルートで登った記憶だが、今回そのルートの入口を見つけることが出来なかった。無くなったのだろうか。

着替え終わった途端、土砂降りの雨。

一時間ほど、車内で待機。

小振りになったので、行縢神社に参拝。

予定では、もう一泊してどこかの山に登ろうと思っていたが、天気が安定しないので、帰宅することにした。

20:00 帰宅。

三男の2泊3日の鹿児島遠征試合に合わせた私の遠征登山は、半ば計画倒れとなった。

この二日間で移動した距離、960km。本当に疲れたが、久々の充実感であった。

2017年5月 3日 (水)

指宿市開聞岳

20170503_001 2017年05月03日(水):日本百名山の一座、指宿市開聞岳に足を運んだ。

20170503_3

2日は仕事だったので、23時までには出発しようと思っていたが、何かと忙しく.....

00:30 自宅を出発。

九州自動車道:小倉東IC~鹿児島西IC

途中、姶良付近で前が見えなくなるほどの大雨に遭遇。

指宿スカイライン:谷山IC~頴娃IC

06:00 開聞岳登山者駐車場に到着。

すでに他県の4台が駐車中。そのうちの一人は、レインウェアを着込んで出発。

私は、とりあえず30分の仮眠を摂る。

07:15 登山準備を済ませ25kgを背負って出発。その時点で登山者は10台に増えていた。

20170503_006山頂はガスが掛かって見えない。

20170503_004

07:30 二合目の登山口に到着。ここから入山。

20170503_015

20170503_018 登山口から暫くは、土石流の中にできた窪地道を歩く。

20170503_027

07:45 林道が交差する2.5合目を通過。

20170503_034

20170503_036 1人が通るのがやっとの狭い場所も。

20170503_039

07:52 3合目を通過。山頂まで2.9km地点。

20170503_044 熱帯雨林を感じる。

20170503_051

08:08 4合目を通過。山頂まで2.5km地点。

20170503_061

スローペースで登る私を他の登山者が追い越しては、休憩場所にて追い着き追い越し。その繰り返しである。

4合目を過ぎると随所に石段が現れ、登山道の歴史を感じる。

20170503_064

20170503_074

08:30 展望所の設置された5合目に到着。山頂まで2.0km地点。

20170503_085

20170503_084 長崎鼻が一望。

20170503_089 5合目を過ぎると、土石流の地層が幾重にも。噴火の歴史を観ることも出来る。

20170503_097

20170503_098

08:47 6合目を通過。山頂まで1.6km地点。この手前辺りから登山道が土石流の窪地から岩場に変わる。

20170503_100

20170503_102

20170503_10809:05 7合目を通過。山頂まで1.1km地点。

20170503_127 登山道の岩が徐々に大きくなり、歩きにくくなる。

20170503_13809:12 7.1合目の展望所を通過。

20170503_151

20170503_149

大隅半島が見える。

20170503_150

雨に濡れ滑りやすくなった木橋を通過。

20170503_152

09:15 仙人洞を通過。

20170503_160

20170503_161

09:23 8合目を通過。山頂まで0.8km地点。

20170503_174

木製の階段が増えてくる。

20170503_193

09:46 9合目を通過。山頂まで0.4km地点。

20170503_201 展望場所も複数。

坊岬側

20170503_205

09:52 斜度のある木製階段を通過。

20170503_216 池田湖も見える。

20170503_222

10:05 御嶽神社に到着。参拝する。

20170503_235

20170503_237

10:06 開聞岳山頂に到着。

20170503_238

20170503_246

20170503_247

山頂には、私を追い越して行った10人ほどがいた。

何度もすれ違ったので、すでに顔見知りである。

三角点が設置されている。

20170503_244

北緯31°10'48.1" 東経130°31'41.8"

基準点コード:TR24630641201

等級種別:二等三角点

基準点名:開聞岳

北緯31°10′48″.4090 東経130°31′42″.0855

標高:922.20m

岩陰で食事を摂る人もいたが、風が吹き付ける寒い山頂であった。

10:10 下山開始。

早めに登ったのは良かったが、下山中、次から次へと登山者が上ってくる。6合目までの岩場道は、その度に待たなければならない。優に100名は越えていた。やはりGWプラス日本百名山である。

11:10 5合目休憩場所からストックを使用。

明日もあるのでゆっくり下山するつもりが、やはり実行できなかった。

11:35 登山口を通過。

11:43 駐車場に到着。

20170503_272

急いで着替えて、三男の遠征試合先の姶良市姶良球場へ向かう。

久し振りの池田湖は、多くの店で賑わっていた以前とは違い寂しいものであった。

指宿スカイライン:頴娃IC~谷山IC

九州自動車道:鹿児島西IC~姶良IC

14:00 姶良球場に到着。

20170503_289

20170503_274

 

20170503_285

多くの父兄が見守る中、勝利を修めた。

14:50 今日の宿泊地。長男が暮らす えびの市へ向かう。

九州自動車道:姶良IC~えびのIC

長男の仕事が終わるまで、時間潰しにコインランドリーへ寄った。

初コインランドリーは、素晴らしかった。

45分で洗濯から乾燥まで。しかも、携帯番号を登録すると、終了5分前に洗濯乾燥機からお知らせの電話が掛かってきた。これからは身近な存在になりそうである。

18:00 長男が帰宅。近くの居酒屋を予約しており、初めて二人で飲んだ。

大人になっていた。

23:00 2日振りの就寝。

明けて5月4日

5:00 就寝中の長男を横目に、出発。

走ること30分。えびの高原に到着。

20170503_291

20170503_292

20170503_293

しかし、周囲は視界最悪のガス。その上、火山ガスも加わり徒歩は禁止。

予定していた韓国岳は、あっさりと中止。高千穂峰も期待できないため登山先を模索。

候補として市房山。尾鈴山。矢岳~竜王山周回。など、あったが南部は天気が期待できないので、北上して宿題の山・行縢へ向かった。

2017年4月30日 (日)

寒田の山芍薬:2017

20170430_085 2017年04月30日(日):今年も築上町寒田の山芍薬を観るため足を運んだ。

結果から言うと、今年は一週間ほど花期が遅れている。群生地は全て蕾だった。

ただ、今まで見たことが無い場所で3輪が開花していた。足を運んだ甲斐があった。

20170430_078

20170430_082

20170430_083

20170430_115

群生地は全て蕾

20170430_102

20170430_111

20170430_106

ヒトリシズカと一輪草

20170430_031

20170430_036

20170430_034

20170430_065

新緑

20170430_134

真河内の滝

20170430_131涼水

20170430_119 この先は滝

20170430_122 梅雨時季には、複数の滝が現れる。

その一つ。

20170430_138

城井ノ上城址に咲くツクシシャクナゲは、見頃であった。

20170430_158 今回は、すべて白い花を揃えた。

昨年同様、犬ヶ岳まで足を延ばしてツクシシャクナゲの鑑賞予定であったが、あまり期待が出来ないと判断して早々に引き上げることにした。

まだまだ、奥が深い寒田である。

2017年4月 9日 (日)

佐伯市・元越山.....(に完敗)

20170409_005 2017年04月09日(日):大分県佐伯市元越山に足を運んだ。

以前は米水津(よのうづ)村で「バイノウ」と呼ばれた山。現在は、「もとごえさん」として知られ、基準点成果では「もとこしやま」。九州百名山の一座で、一等三角点が設置される山頂からの眺望は5本の指に入るそうだ。

20170409_2

 ・

03:30 自宅を出発。途中、別府周辺は濃霧に包まれていた。

05:50 空の公園の下見に行くも、霧で見通しが悪い。

06:00 元越小屋(休憩所・駐車場)に到着。 

06:45 朝食を摂り、登山準備をしてスタート。

20170409_006

20170409_007

20170409_009

06:50 登山口に到着。色利登山道を登る。

20170409_010

20170409_012

20170409_013

山頂まで2550m。

登山口近くの登山道風景。

20170409_017 その後、尾根まで九十九折が続く。

20170409_018

07:05 第一展望台に到着。近傍には「おたねの泣き石」。

20170409_023

20170409_029 第一展望台からの眺望。

20170409_025 第一展望台を過ぎると、気持ちのよい尾根道。

20170409_033 やがて、シダ道に変わるとツツジも見ることが出来る。

20170409_041

20170409_049

07:20 第二展望台を通過。

20170409_050

20170409_052

第二展望台を過ぎると、官道の名残を観ることが出来る。

20170409_057

07:30 第三展望台に到着。ここは、五合目でもある。

20170409_067

20170409_075

20170409_065

20170409_072

07:50 第四展望台を通過。

20170409_081

20170409_083

07:55 木漏れ日の小径を通過。

20170409_087 木漏れ日の小径を抜けると、植林帯。

20170409_093

08:13 林道に出合い。

20170409_096 右へ進むと、すぐに登山道取付き。

20170409_098

08:16 第五展望台を通過。

20170409_105 すぐに、狼煙台2-1

20170409_107 08:18 狼煙台2-2

20170409_110

08:25 山頂直下の分岐。急登を登る。

20170409_117

20170409_118

08:30 祠の祀られた元越山山頂に到着。標高581.7m。

20170409_120

20170409_123

20170409_124

一等三角点が設置されている。

20170409_134

20170409_133基準点コード:TR14931278701

等級種別:一等三角点

基準点名:元越山(もとこしやま)

北緯:32°54′15″.5411

東経:131°57′48″.0086 

標高:581.66m

南方の眺望

20170409_145

20170409_146

東方

20170409_147

20170409_148

北方

20170409_149

20170409_150

西方

20170409_151

20170409_152

20170409_153

08:40 突然、山頂はガスに覆われ小雨が降ってきた。

20170409_160

20170409_157

20170409_128

08:53 下山。山頂からの下山ルートは3本ある。

東方:色利登山道と浦代登山道(山頂直下ですぐに分岐)

20170409_165

西方:木立登山道(標識無し)

20170409_137

南西:天空ロード(空の公園まで続く7.6kmの縦走路)

20170409_342

08:54 色利登山道と浦代登山道の分岐。浦代登山道で下山。

唯一の倒木箇所。

20170409_166

20170409_167

山頂直下は気持ちの良い自然林が続く。

20170409_174

09:07 自然林から植林帯へ。

20170409_178

09:15 林道出合。

20170409_179 上りは明瞭だが、下りは標識があいまいなため林道からの取付きが判りにくかった。

20170409_184 林道をそのまま、横切って植林帯へ入る。

20170409_180 自然林に変わると、大岩が点在する。

20170409_190

09:24 展望所に到着。ここでルートを見失う。

20170409_196

20170409_205景色に目が行って展望所を進むと、ルートから外れる。

20170409_200 展望所に出てすぐのところに、下山ルートはある。

20170409_203 09:36 次の展望所。

20170409_214

20170409_209 暫くは自然林の中。途中、ガレ道は滑りやすい場所もあった。

20170409_222 植林帯に入ると登山口は近い。

20170409_228 石垣の横を通過。

20170409_230

09:55 浦代登山口に到着。

20170409_232 標識を見落とすと、そのまま階段を登ってしまいそうだ。

20170409_233

20170409_236

10:00 米水津武道場駐車場で休憩。

20170409_237 隣はグランド。公共の駐車場にグランドのトイレが使用できる。

暫く休憩して、米水津の高宮タクシーに連絡。木立登山口へ向かう。

トランクへ入れる際、ザックの重さに運転手は驚いていた。

当初は歩く予定であったが、タクシーを呼んで正解だった。峠を越えるハードな道。しかし、途中の桜は満開で夜間はライトアップされるそうだ。

10:35 木立登山口に到着。1720円。

20170409_240 きれいに草刈された駐車場と離れに簡易トイレ有り。

20170409_242

20170409_243登山口も整備されている。

ただし、休憩する場所がなかった。

ここで、軽食を摂る。

10:55 登山口を出発。木立登山道で山頂へ向かう。全長3.2km。

20170409_246 すぐに竹林。

20170409_248

今年、初見。

20170409_250 この登山道は、雨水で削られたという窪地道で、雨が降ると流水で歩きにくいかもしれない。

20170409_254

20170409_266 各所に土嚢が積まれて、整備されている。

植林帯とシダ道との連続。

20170409_272

20170409_269 全体を通して、なだらかな登山道。

12:05 広場で休憩。山桜が満開であった。

20170409_275

20170409_276

20170409_277

20170409_28312:35 林道に出合い。休憩場所がある。

20170409_293

林道を右に進むとすぐに、取付き。

20170409_303

12:50 山頂まで900m地点を通過。

途中、10名ほどの団体さんとすれ違う。

20170409_313 ここから100m毎に、標識が設置されている。

13:06 山頂まで500m地点を通過。

20170409_322

13:30 再び元越山山頂に到着。

20170409_335

山頂では3人の登山者がいた。内2名はすぐに縦走路へ向かった。

20170409_345遠望は効かない。

20170409_350 予定より一時間半遅れでの到着。当初はここから空の公園までの

縦走路を歩く予定にしていたが、この時間から歩くと日が暮れてしまいそうなので断念。

(通常は3時間のロードである。)

時間が出来たので、暫く地元の登山者と山頂で話し込む。

14:15 色利登山道で下山。

20170409_354

15:13 色利登山口に到着。

20170409_375

15:17 駐車地(元越小屋休憩所)に到着。

20170409_376 当初、全工程(色利~山頂~浦代~木立~山頂~縦走~空の公園~色利)を歩く予定で一昨日テン泊の準備をしていたが天候不順のため本日に変更。ザックはそのまま(25kg)に、通常速度で歩いたので、かなりの負担が足に掛かった。また、浦代への下山において、時間が気になったので一気に下りたことも敗因のひとつである。木立登山道での登りは足が棒になった。完敗である。

いずれ、天空ロードは歩かなければならない。

それでも、メイン3ルートは完歩できたので、良しとした。

4月16日、色利道から山頂を経て天空ロードを歩く登山会がある。年に数回は登山会が実施されているようだ。また、天空ロード縦走者は空の公園から色利まで、送迎のサービスも。

20170409_008地元に密着した元越山。永く続いてほしいものだ。

2017年4月 1日 (土)

山を遊ぶ

1491055602834

2017年04月01日(土):何かと忙しい2ヶ月間であったが、久しぶりに山に足を運んだ。

2ヶ月も山に行けない日が続き、今年の山への目標が薄れつつあったが、とある理由で友人夫婦と山に登ることになった。水上一族の末裔で、以前から同行したいと思っていた。5年振りの水上城址は、我ら3人を柔らかに迎えてくれた。

20170401北九州市が一望出来るお気に入りの山頂だが、ヒノキが徐々に視界を遮りつつあり、ちょっと残念であった。

20170401_020城址の北に祀られた祠も、久しぶりに賑やかであったと思う。

20170401_028 いつもは山を楽しむ私だが、この日は中年3人で思い切り山を遊んだ。

1491055613178s

やはり、山は良い。

山に目標は不要であった。

2017年1月15日 (日)

-8℃の福智山

20170115_052 2017年01月15日(日):今シーズン最大の寒波という名目を引っ提げて、冬将軍が到来した。というわけで、今季の初雪を観るため福智山に登った。

思った通り、積雪はほとんどなかったが、初雪は見ることが出来た。加えて、山頂の寒さは半端無かった。山頂温度計の指示値は摂氏マイナス8℃。夜間はマイナス10℃を下回っていたと思われる。今シーズン最大の寒波は本当であった。

20170115_047

20170115_027

久々に見る透き通る青さ

20170115_042 視界が広い

20170115_035皿倉が近い

20170115_036平尾台も近くに見えた。

20170115_057

つらら

20170115_072

2017年1月 3日 (火)

2017年:貫山からスタート

20170103_057 2017年01月03日(火):初登りは貫山となった。

20170103 1月とは思えない陽気の中、貫山に登った。平尾百仏に拝礼後大平山をショートカットして大穴の辻へ。そこから四方台へ上がる予定だったが登山者が多いため塔ヶ峯林道へ向かい、母原登山口から貫山へ登った。途中、芝津神社上宮に立ち寄り参拝。貫山山頂で休息後、林野火災殉職者慰霊碑経由で中峠から岩山へ。再び大穴の辻に出て大平山に登り吹上峠へ戻った。11時から16時までの5時間ではあったが、心地よい歩きが出来た。

また、2017年はColumbiaの歩きでスタートした。2014-2016の3年間はSIRIOを3足使ったが、他社の登山靴も気になってきた。これまで全く興味のなかったデザイン重視のColumbiaであったが、ここにきて機能性に目を向けたようだ。

SIRIOのソールもvibram社製ではあったが、columbiaがソールにvibram社のMEGAGRIPを採用。さらにGORE-TEXではない素材で水の透過率ゼロを謳い上げた。

それで安価。

20170103_002これまで何度となく渡渉場や濡れた岩場で滑って来ただけに、MEGAGRIPのソールに飛び付いてしまった。歩き始めて30分ほどで新品の違和感もなくなりフィット。今後の歩きが楽しみである。ただ、靴紐の締め付け工程においては、かなりの難がある。

高価な登山靴においては、他社でもMEGAGRIPのソールを採用していますが、私が対象としているのは安価でグレードの低い登山靴においてです。